top of page
24_edited.jpg

よくある質問

 施術内容に関してや、お支払いやその他手続きについてのなどの詳細掲載しております。

 是非ご確認の上ご来院ください。​

  • 支払方法について
    当院ではお支払方法は、現金・クレジットカード・銀行振込でお願いしております。  県外アーティストのアートメイク施術をご希望の場合、前払いが必要になります(下記参照)ので、銀行振り込みをオススメしております。  電子マネー・QR決済などはご利用いただけませんので、ご了承ください。
  • 出張アートメイクアーティストの施術予約と支払いについて
    県外からの出張アーティストは厳密な予約管理を要するため、施術予約に関して例外なく前払いでの対応としております。  予約入力の段階では仮予約扱いとなり、施術予定日の7日前までに施術料金の支払いしていただいた上で、予約の確定とさせていただきます。  期日までに支払いがない場合は自動的にキャンセルので、必ず事前のお支払をお願いいたします。
  • カウンセリング・注射・処方のみの希望でも予約は必要ですか?
     施術室の確保の関係上、当日に予約外で来院されてもお受けできない可能性があります。 可能な範囲では対応できるように努力しますが確約が出来かねますので、ご来院の際はご一報いただきますようお願いいたします。
  • アートメイク施術にアレルギー検査は必要ですか?
     当院では患者様の安全のため、アートメイク施術前のアレルギー検査を推奨しております。患者様が強く希望される場合はスクラッチテストを行わないという選択も可能ではありますが、その場合に起きたアレルギー反応に対しての責任は当院は一切負いかねます。  また、患者様のご都合などにより検査判定までの時間を様々設定しております。詳しくはアレルギー検査のページをご覧ください。
  • 口唇ヘルペスになったことがあっても、リップアートメイクできますか?
    口唇ヘルペスになった事がある方は、リップアートメイク施術後3-5日程度で口唇ヘルペスを発症する可能性があります。希望の方には予防薬もご用意しております(税込3,300円)。  チリチリ・ムズムズとした違和感や痒みなどの前兆症状がある場合にご使用ください。発症した場合は皮膚科のクリニックなど、保険医療機関を早めに受診して治療を受けてください。
  • 現在治療中の病気があるけど、アートメイクを受けられますか?
     アートメイクは皮膚を傷つける施術なので、持病や現在飲んでいる内服薬によっても、施術をお断りさせていただく場合がございます。  抗血小板薬・抗凝固薬を内服中の方や血友病などの患者様は出血が止まらない危険性がありますので、施術を行うことができません。  がん・糖尿病・血液疾患等も現在の病状や治療状況で施術を行えない可能性があります。  ケロイド体質の方は、施術部位もケロイドが発生しやすく仕上がりが不十分になるため、施術をお断りしております。その他の皮膚疾患でも、アートメイク施術による悪影響を及ぼしたり、色素が十分に定着しない可能性があります。  血液感染症をお持ちの場合、他者への感染のリスクがあるため、慎重に対応させていただきます。  その他、施術中に急な変化の起きうる病気をお持ちの方、長時間施術の姿勢保持が困難と判断される方は、万が一の場合に対応が難しいので施術をお断りする事がございます。 病 気や病状、治療内容で一概に判断できるものではありませんので、詳しくは医師へご相談ください。
  • 妊娠中・授乳中にアートメイク施術を受けることはできますか?
     アートメイク施術に関しては、胎児に対しての麻酔薬などの薬剤や施術の安全性について確立されていないため、妊娠中及び妊娠の可能性がある方への施術はお断りしております。  授乳中の方については、色素・薬剤の母乳への影響はほとんどないと言われておりますが、念のため術後12時間程空けてからの授乳をお願いしております。
  • アートメイク施術の禁忌事項
    下記の事項にあたる方は、アートメイク施術が安全に行えないため、施術をお断りしております。申告が漏れた場合、当日問診の判断で施術後お断りする場合がございます。申告をせず施術を受けられた場合のトラブルには、当院は一切の責任を負いかねます。 ​ 〇アートメイク施術、歯科麻酔などの局所麻酔薬でアレルギー反応・アナフィラキシーを起こした事がある方 〇妊娠中もしくは妊娠の可能性がある方 〇授乳中の方(施術後12時間授乳時間を空けられる方は可) 〇ケロイド体質 〇抗血小板剤・抗凝固剤など出血が止まりにくい薬を内服中の方、血友病などを始め出血が止まりにくい疾患をお持ちの方 〇長時間の安静を保てない疾患などの方 〇施術部位に怪我や明確な皮膚疾患(ニキビ・ヘルペス含む)が発症している方 〇その他、医師が施術に対する危険性が強いと判断した場合(治療中の病気がある方は必ずお申し出ください)
  • アートメイク施術に注意が必要な疾患
    下記の事項にあたる方は、アートメイク施術が安全に行えない可能性があります。患者様からご申告いただいた上で、施術が可能かどうかを医師が判断します。申告が漏れた場合、当日問診の判断で施術後お断りする場合がございます。申告をせず施術を受けられた場合のトラブルには、当院は一切の責任を負いかねます。 ​ 〇糖尿病 〇血液感染症(肝炎ウイルス・エイズなど)  〇がん、その他悪性腫瘍で現在治療中の方 〇アトピー性皮膚炎、その他皮膚疾患 〇自己免疫疾患のある方 〇口唇ヘルペス 〇その他、特殊な疾患で治療中の方
  • アートメイク施術後にMRI検査は可能でしょうか?
     一般的なタトゥーを施行した後はMRI検査をすると、色素に含まれる金属に反応して火傷などが起こる可能性があります。そのため、基本的にタトゥーが入っている患者様のMRIは禁止されています。  アートメイクの色素にも微量な金属が含まれているので同様のリスクはありますが、メジャーに使われている色素はタトゥーに比べかなり可能性が低いといわれています。  当院のアートメイクで使用されている色素も世界的に使用されておりますが、施術後のMRI検査で起こったトラブルは報告されておりません。その上でMRI検査に対する安全性に関しては、おそらく問題ないという評価になりますが、実際にMRI検査の指示を行うのはその医療機関の医師です。検査の際に主治医の先生にご相談していただければと思います。 
  • 入れたアートメイクはどれくらいもちますか?
    一般的に眉・リップ持続1~2年、アイライン3~5年とされています。  綺麗な色味を維持するため、眉やリップは年1回のリタッチをオススメしています。  2回セットの施術を推奨しておりますが、1回の施術で色素の定着が強くしばらくリタッチ不要のケースもありますし、定着が弱く3回施術を行った方が良い場合もあります。体質・肌質・基礎疾患など個人差があります。次回の施術のタイミングでお悩みの際は、ぜひアーティストへご相談ください。
  • アートメイク施術前の美容治療について
    美容治療の中には、アートメイクの完成形に影響を与えてものがあります。 下記に該当するものに関しては一定期間空ける事を推奨しております。 ​ 〇美肌治療の中で直接皮膚に刺激を与えるものは、アートメイクの色素の定着に影響を与える可能性があります。レチノール・トレチノインなどの外用薬、レーザー・光治療やケミカルピーリングなどの施術はアートメイク施術前1~2週間は避けてください。 〇ニキビ治療としてアキュテインを内服されていた方は瘢痕化や治癒の遅延を生じやすい為、服用を中止して最低6ヶ月以上期間を空けてアートメイク施術をお受けください。 〇美容整形手術を受けられた方は、ダウンタイムが過ぎた後の施術を推奨しております。手術部位と重なるものは、1ヶ月以上期間を空けてアートメイク施術をお受けください。 〇ボツリヌストキシン・ヒアルロン酸注入などは注入後から期間を経て症状が固定されます。固定される前にアートメイクを行うと、後々想定と異なるデザインとなる可能性があります。施術後2~4週間期間を空けてアートメイク施術をお受けください。
  • アートメイク施術前、メイクやお手入れについて
     主に顔に行う施術のため当日メイクをしてはいけないと思われがちですが、実際は普段のメイクを参考にデザインを行います。施術当日はぜひメイクをした上でご来院ください。  もしご自分で希望や理想のイメージの眉・リップなどの画像などがございましたら、持参していただければ併せて参考にさせていただきますので、遠慮なくお申し付けください。  眉のアートメイク施術を受けられる方は、眉毛をカットしてしまうと本来の毛の流れがわかりづらくなります。その方の毛の流れに合わせてデザインをするため、可能であれば施術前2週間は眉毛の手入れをしないようにしていただければと思います。  眉アートメイクの注意事項として、眉ティントを使用の方はアートメイクの色素の定着が不十分になる可能性や、色味の判断が難しいケースがあります。眉毛脱色・眉毛パーマをされている方も、薬剤による肌トラブルがあると施術ができないケースがあります。いずれの場合も施術前2週間は控えていただくようお願い致します。  リップアートメイク施術前は、直前まで口紅をつけていると色素の入りが悪くなってしまうため、口紅などはつけない状態でご来院ください。  アイラインアートメイクを受けられる方は、まつ毛エクステを外してご来院ください。施術後24時間はコンタクトをつけられないため、必要な方はメガネをお持ちください。
  • アートメイク施術後に注意することはありますか?
     施術後は施術箇所を濡らさないでください。24時間後から洗顔可能ですので、優しく洗い流してください。不潔にしたり洗浄を怠ると、施術部位の炎症を起こしやすくなりますのでご注意ください。  施術後1週間は施術部位と周囲のメイクは避けてください。水泳・サウナ・日焼け・フェイシャル・激しい運動もお控え下さい。  施術後かさぶたができますが、自然にとれてきます。故意に剥がそうとしないでください。  施術後2週間程は色が濃くなったり薄くなったり変化します。近日中に大事なイベントがある方は、施術日から余裕がある日程を組むようオススメ致します。  リップの施術直後は清潔を保つため、あまり口唇に食べ物が触れないようご注意ください。飲み物もストローを使用して摂取することをオススメ致します。1週間程度は辛い物など刺激の強いものは避けてください。  口唇ヘルペスになった事がある方は、リップアートメイク施術後3~5日程度で口唇ヘルペスを発症する可能性があります。予防薬も販売しております(税込3,300円)。チリチリ・ムズムズとした違和感や痒みなどの前兆症状がある場合にご使用ください。発症した場合は保険医療機関を早めに受診して治療を受けてください。 ​  施術後にアーティストからアフターケアのパンフレットを配布しますので、詳しくはそちらをご確認ください。
  • 過去に受けたアートメイクの修正は可能ですか?
     アートメイクを他院で過去にされた事がある方は、そのデザインや色素の状態が今現在どうなっているかで、どのように今回施術を行うかしっかり吟味する必要があります。状態によっては修正が難しい場合もあり、現時点での状態が把握できず当日を迎えると、直前になって当該アーティストが施術を行えないというケースもあります。  今回施術希望部位のアートメイクを過去に受けた事がある方は、必ずご申告下さい。
  • ボツリヌストキシン療法後の注意点
     表情筋に注入するボツリヌス毒素は、熱に弱く冷所保存の薬剤です。注入後に体温が上昇するとその熱で毒素が失活してしまい、効果が薄れる可能性があります。注入当日の激しい運動、入浴やサウナはお控えいただきますようお願い致します。より効果を充実させるには、上記を3日ほど控えていただければと思います。  施術直後に注射部位を強く揉むと、その部位より薬剤が広く分布してしまいます。想定より広がった効果になる可能性があるため、注射直後は強く揉まないようにお願い致します。
  • ビマトプロスト使用の注意点
     また、ビマトプロストは元々緑内障点眼薬ですので、緑内障の治療をされている方は同系統の点眼薬を使用している可能性があります。その場合は効果が重複してしまい、当院からの処方はできませんのでご了承ください。  ビマトプロストは1日1回まつ毛の根元に軽く塗っていただくだけで効果が十分期待できます。痒みや色素沈着などの副作用が出た場合は、休み休みご使用ください。色素沈着は使用を中断すると徐々に薄くなっていきます。多く塗った場合、副作用の方が強く出たり、目に入る可能性があります。少量であれば目に入っても問題ありませんが、注意してご使用ください。
bottom of page